人は『見た目が全て』なのか、そうじゃないのか?

 

『人は見た目が全て』『人は見た目じゃない』

この2つが今でも議論されているかと思います。

「見た目」のせいで悩み続けてる人生であるかもしれないし、「いや見た目が全てじゃない、大事なのは中身」というのを信じて生きているかもしれません。

それはどっちが正しいのか?

 

僕(筆者)から、その「人は見た目」という問題の結論を、僕なりに答えたいと思います。

 

 

人は見た目?

 

人は見た目が全てなのか?

 

その答えは、「人によりけり」だと僕は思います。

つまり、「見た目で決まらない人」と「見た目で決まってしまう人」とで、分かれるということです。

それを言うと、『人は見た目が全て』は正しくもあって、間違っているってことになってしまいますね。

 

結果は、人によって違う――。

その道に進むことが、全員が全員「正しかった」なんてことはありませんよね。

人生がそんな単純なら誰も苦労はしません。

だから、『人は見た目が全て』の問題は、人によって「正しい」と「間違い」があるのは当然かと思います。

 

じゃあ、問題の「見た目で決まる・決まらない」を分けるのは、どういう見た目でいる場合なのか?

その特徴を考えていきます。

 

 

『見た目では決まらない人』 

 

〇イケメン・美人

 

もう、言わなくてもわかる通り、イケメンと美人は見た目がいいので、「見た目」について悩むことなど、圧倒的に少ないと思います。

「イケメン・美人」は見た目が良いがために、いろいろ優位で、普通の人よりも人一倍得をすることが多いでしょう。人生イージーモードとも言われますよね。

 

「イケメン・美人」は見た目がクリアしてるので、問題視されるとすれば、「性格」になります。

つまりは「中身」が大事になるので、「イケメン・美人」は必然的に『人は見た目じゃない』『見た目で決まらない』という立ち位置になるわけです。

 

 

『見た目で決まってしまう人』 

 

〇ブサイク・ブス

 

『見た目で決まらない人』がイケメン・美人なら、『見た目で決まってしまう人』がブサイク・ブスでしょう。

 

ですが、一口に「ブサイク」と言っても、いろんな見た目の人がいるわけです。

当然ブサイクの中には、ブサイクであっても「人気者である人」、「仲のいい友達はいる人」、「ボッチでいる人」、「ネタ役として扱われる人」、「どこへ行っても嫌われ者でいる人」がいるわけです。 

 

その「ブサイク」の中でも「ブサイクすぎる人」、「普通」からかけ離れてる見た目の人が『人は見た目が全て』と、言える権利があると僕は思います。

 

なぜかというと想像がつく通り、ブサイクすぎる人の人生って悲惨だからです。

 

・学校・職場と行けば、その場にいるだけでみんなから嫌われるのは当たり前。

・悪口・陰口言われるのは当たり前。

・仲間外れや避けられるのは当たり前。

・普通の人と同じことをやっているだけなのに、悪いように言われるのは当たり前。

他の人との扱いが違いすぎるなど、言葉にするだけでも痛々しい日常を送っているのがブサイクすぎる人なんです。

 

同じ人間でも、見た目の違いだけでこんなにも人生の在り方に落差が生まれる。

だからブサイクすぎる人は、『人は見た目が全て』と言える立ち位置になるわけです。

 

人の中には、努力ではどうにもならない「見た目」を持っている者がいるわけですから、周りの人が「もっと努力しろ」「中身で勝負しろ」などと言ったところで、そんなことしようが「無駄」と本人は諦めています。

 

仮に、本人なりに頑張って来たとしたら、「もっと努力しろ」と野次を飛ばすくらいなら、周りの人間がブサイクに対しての接し方を、改めるべきだと僕は思います。 

 

 

まとめ

 

『人は見た目が全て』・『人は見た目じゃない』という議論に、僕なりに答えた記事でした。

 

例えブサイクであったとしても、自分の怠惰から見た目が悪くなったとしたら、努力で改善ができるでしょう。

怠惰で見た目が悪くなった人に、『人は見た目が全て』と言える権利はないと思います。 

 

また、「見た目」と同じように、結局「性格」も大事です。

ですが、まずは「性格」よりも「見た目」が大事ですね。

人は第一印象で人柄を判断してしまう傾向にあるようですから、今後の人間関係を良好にするためには、極力「見た目」に気を遣う必要があるかと思います。 

 

はじめしゃちょーの『武器作り動画』まとめ

 

はじめしゃちょーが作る武器は、ほぼモンハンの武器です。 

 

 はじめの武器作り

 

『大量のアルミホイルを固めてアイアンソードを作る 前編』

2014年11月28日公開

動画時間4分10秒

www.youtube.com

 

こういう純粋にモノ作りに明け暮れるはじめさんが懐かしいです。 

実際に、大量のアルミホイルで作っていくと重くなるみたいですね。

作っていくうちになんか、仕上がりの方向性が変わっていってるような…。

 

 

『大量のアルミホイルを固めてアイアンソードを作る 前編』

2014年11月28日公開

動画時間3分30秒

www.youtube.com

 

途中から明らかに違うものを作っていってますよ!?

1分5秒あたりは「斧」っぽくなっています。

1分30秒の時点では、何なのかわかりません。

アルミホイルを全部使ったときには、得体の知らないものになってました。強いて言うなれば「鎌」。

結果、アイアンソードを作ると言っておきながら出来たのが、「きんかんのど飴みたいな武器」。

 

ごめん…。シンプルにダサいと思った。。。

 

 

『はりがねでランス作ってみた』

2015年4月5日公開

動画時間5分10秒

www.youtube.com

 

この動画の一番の見どころは25秒から38秒。

今回は針金での制作。アルミホイルの時よりも数倍キツイでしょうね。そしてかなり重い。

一様、用意した針金を全部使っての完成かな?

え、待って…。先端がちょっと。

まさか「そっち系」をイメージして作ったんじゃないですよね。ね。

 

そして、この武器は今やどうしたのか? 

捨てるときどうすんの…?

 

 

『【モンハン】自分でガンハンマー作ったら大爆発した』

2017年3月11日公開

動画時間4分

www.youtube.com

 

この動画もモンハンにもじってますが、たんに木槌に火薬を付けただけです。

そして、それで人の寝込みを襲うというはた迷惑な動画です。

 

はじめしゃちょー『ダンボールで作ってみた系動画』まとめ 

 

はじめの「ダンボールで作ってみた」

 

『リアルモンスターハンターはじめ Real Monster Hunter ダンボール騎士 ハジメナイト』

2014年4月12日公開

動画時間3分

www.youtube.com

 

モンハンの装備をダンボールで作って、モンハンを演出した動画です。

全体像を見てみるとウケますw

 

 

『ダンボールで自転車をカスタムしてみたwww』

2014年11月22日公開

動画時間4分10秒

www.youtube.com

 

ダンボールでカスタムした後でも問題なく走れたのはスゴイですね。どこかしらは破損するかとも思ったけど、それもなかったですし。

ただ思うことは――、

その自転車を道行く人にめちゃくちゃ見られてることが、恥ずかしいんじゃないのかなあ?

はじめんが実際に、ダンボールでカスタムした自転車に乗っているこの光景を見た人は、どんなことを考えてたんだろう?

 

 

『雨だ!ダンボールで傘作ろっと!』

2015年6月27日公開

動画時間2分50秒

www.youtube.com

 

いろいろハチャメチャな頃のはじめしゃちょーって感じです。

 

 

『部屋にダンボールで迷路作ってみた』

2015年9月4日公開

動画時間3分50秒

www.youtube.com

 

計画性は無しで、行き当たりばったりで作っていってます。 

動画が終わった後は、この迷路はすぐに処分されたのでしょうか?

でも「ダンボールで迷路を作りたい」って気持ちは誰しもあったと思います。

 

 

『23歳が本気でダンボールで装備を作る』

2016年4月22日公開

動画時間5分20秒

www.youtube.com

 

「ドラゴンクエスト」の提供動画です。

毎度のこと、設計図は作らずにイメージだけで作っていくんですよね、はじめしゃちょーは。 

で、完成した装備は、結構スゴイです。

ダンボールでポケモンを作ったことがあるはじめさんだけに、クオリティが高いです!センスはともかく、ダンボールでよくここまで作れましたよね。

そして、はじめさん作のこの装備、ドラゴンクエストで作ってもらうことになってました。

僕はドラクエやってないのでこの装備が実際にあるか知りませんが、もし不採用になってたら最悪ですね。せっかく時間かけて作ったのに。

 

 

『ダンボールで超巨大ロボット作ってみた』

2016年6月10日公開

動画時間4分50秒

www.youtube.com

 

かなりデカい仕上がりになってます。

でも、毎度のことの無計画性で作ったために、立たせようとして大破。

うん。 作ってる段階で、これは無理だと分かったもん…。

 

 

おまけ

 

他の装備系の動画で、アルミホイルで鎧を作ったこともありました☟

『アルミホイルで鎧作ってお出掛けしてみた』

2015年3月21日公開

動画時間4分10秒

www.youtube.com

 

動画のはじめが裸だったんですけど、この男はカメラの前で裸体をさらすことが趣味であるのかもしれません。

 

 

最後に、こちらの記事もどうぞ。

ダンボール関連で「ポケモン作り」の動画はこちらで見れます!☟ 

www.hamaru80.com

 

はじめしゃちょーのポケモン作りがクオリティ高い!?

 

はじめしゃちょーがダンボールでポケモンを作ったのは、今までで計4回です。

作ったのは「ディアルガ」「メタグロス」「エアームド」「レックウザ」

ポケモン作りのクオリティの高さは、動画を見ればわかります。☟

 

☆はじめしゃちょーのポケモン作り☆

 

『【ポケモン】ダンボールでディアルガ作ってみた Pokemon Dialga handicraft』

2014年5月31日公開

動画時間5分40秒

www.youtube.com

 

このディアルガはセカンドチャンネルの方で壊した瞬間を動画にあげていました。せっかく作ったのにもったいないですね。まあ確かに、部屋にあったら邪魔だけど。

ディアルガファンには閲覧注意です☟

『ディアルガ死す。』

 

 

『【ポケモン】ダンボールでメタグロス作ってみた』

2014年9月9日公開

動画時間4分

www.youtube.com

 

 

『【ポケモン】ダンボールでエアームド作ってみた Pokemon Skarmory handicraft』

2015年1月21日公開

動画時間5分10秒

www.youtube.com

 

 

 エアームドを作ってから4年半が経ってのポケモン作りです☟

『【ポケモン】ダンボールでレックウザ作ったらデカすぎたwwwww』

2019年7月20日公開

動画時間9分30秒

www.youtube.com

制作時間10時間。かなりの眠気と疲労の中で作っていたようです。

 

 

まとめ

 

ポケモンのクオリティが高いのはもちろん、これだけ時間かけて作って、動画時間が10分いかない尺にしてるのも凄いですね。

「ポケモン作る」ってそう簡単じゃないですから、よくダンボールでここまでできるなあって感心します。

動画見ていって、昔みたいに純粋にポケモン作りに明け暮れられたらいいですよね。今はもう忙しくて余裕を持てないようだし。

 

こう言っちゃあれだけど、「あの頃の方が良かったよなあ…」

 

はじめしゃちょー バケツに2度はまる。

 

はじめ バケツにはまる。

 

その問題の動画がこちら☟

『バケツにはまりました。助けてください』

2014年7月15日公開

www.youtube.com

 

結構有名な事件だと思いますよ。

ことの発端は、「たくみ副社長」が部屋に入ってきたところ、バケツから飛び出てるドッキリを仕掛ける考えでいたことからです。

そしてバケツに納まれたのはいいものの、そのまま出られなくなり、そこから彼の奮闘劇が始まります。

最後にはおそらく、たくみ副社長に助けてもらったと思います。

でも、どうやって抜け出た?

 

 

あれから5年後に再び☟

『助けてください。はじめがバケツにはまって出られなくなりました。』

2019年7月31日公開

www.youtube.com

 

動画は「はじめしゃちょーの畑」チャンネル。

今回は片栗粉で走るようにバケツを用意しました。つまりは片栗粉から抜けられなくなったということです。

バケツの内容は7分54秒から。 はまったのは10分21秒からです。

「はまってどうしよう」ってなったのは、動画のホント最後の最後。

オチが「はまって出られない」で終わり。(雑…)

抜け出すまでの展開が見たかったのになあ。

あの後どうやって抜け出したのかなあ? 一人で?