ニートが仕事ぉ? <在宅ワーク>をしていたときの話 《破・ファイル2》

 

 【前回のあらすじ】 

 あらすじを入れることにより、無駄に文字数稼ぎを謀るHAMARU氏。

自分が求めていた仕事は、実績がなければ採用に至ることが出来ないと知ったHAMARU氏は、「経験不問」 つまりクラウドワークスの初心者が実績を積むためのものである仕事に視点を置くこととなる。

仕事がないことに焦りを感じたのか、怪しげな仕事に応募してしまい、採用に至ったものの、仕事内容を見たのち、やる気を喪失。

「クラウドワークス」自体、諦めかけたHAMARU氏は急遽、ネットから稼ぎになるものはないかと情報を探し始めるが・・・。

 

 

 

 

こんにちは 「HAMARU」 といいます。

 

ブログをはじめて日が浅いです。よろしくお願いします。

 

前回は、「クラウドワークス」での仕事の件の話をしました。

今回は、タイトルに<在宅ワーク>とありますが、<在宅ワーク>ではない話になります。

 

4月下旬、クラウドワークスの方でカタチになることがなく、やる気がなくなっていった僕は、ネットの方で他に稼ぎになるものはないか探し始めました。

 

 

 

*この後は、順に文章にすることがメンドくせぇので、さきに何をしたのかをリストアップしておきます。

 

  1. ポイントサイト
  2. アンケートモニター
  3. 懸賞アプリ
  4. YouTube・ニコ動
  5. オンラインゲーム
  6. ココナラ
  7. 無料小説サイト「エブリタス」
  8. アルファポリス

 

以上の8つを挙げました。

上記について詳しく説明しようと思います。

 

まずこの中で実践したものは8つ中、

     

4つです!

 

・・・・・・・・・・・・・

少ないでしょ🎵

 

なんで8つとも実践しなかったのかというと、

 

僕がやってもムダだと、

稼ぎになることがないとわかっていたからです。

 

じゃあ、なんで8つも挙げたんだよ というと、

興味はあったんです。

ネットで調べていたときは、自分ならできるかもしれないと無駄な自身があったからなんですよ。(今は現実が見えて、自身はなくなったけどな!)

 

 

話を戻しますが、実践したのは以下の4つです。

  • ポイントサイト
  • アンケートモニター
  • 懸賞アプリ
  • YouTube

 

どんな感じでやっていたのか、話しますと

 

「ポイントサイト」と「アンケートモニター」は似たようなものなんですが、この2つはそれぞれ3、4サイトほど複数持ってやってみました。

 

まあ、やってみての感想は、正直小遣い稼ぎになんかなりません。

 

どちらも、チョコチョコ毎日ポイントを稼いでいくようなものです。

 

サイト内で一気にポイントをゲットする仕方もいくつかありますが、アプリをインストールとか会員登録をしてゲットするようなものなんで、メンドくさいです。

(加入してるものが増えすぎると困るし・・・)

 

アンケートの方は全然楽勝だろう? 

とやったことがない人は思うかもしれませんが、実際やってみて

アンケートって意外に時間がかかるんですよね。

 

何十分もかかるものもあるし、時間がかかるものほどポイントは高いですが、

一日にいくつもするとなると、時間が結構取られるので途中で飽きてきます。(単純作業でもあるので;)

 

で、結局一日一日時間をかけて頑張ったとしても、ポイントが結構たまって達成感があるように感じますが、

現金に置き換えてみると、ホント微々たるものです。

 

しかも、それが何か月もかけて、一年もかけてポイント稼ぎしたものは、

小学生のおこづかいほどですよ!

 

やる気なくすでしょ普通・・・・・・・・・。

 

 

だから、ポイント制のものは、「稼ごう!」 ととらえずに、

毎日チマチマためていって 「結構たまってきた・・・ぐふふっ♡」 と考える方が続けられると思います。

 

いちよう僕もまた、少しづつポイント稼ぎし始めました。

数が増えていくだけでもうれしく思います。(金で見たら、雀の涙ほどだけどな・・・)

 

 

話を切り替えて、次は「懸賞アプリ」について話します。

 

これも一度にアプリをいくつも持ちました。

やることは何かというと、ゲームですね。

パズルゲームであったり、すごろくみたいなやつです。

ゲームをして得点を稼ぎ、そこから懸賞として挙げられている商品を応募する感じです。

応募なので確実性がないから、これも地道にやっていくものですね。宝くじみたいな

 

でも、ゲーム自体は楽しいものもあったんで、結構やってました。

今はやってないけど。

 

 

やってて楽しくなかったゲームの中ではこんなのがありました。

 

 換金できるRPG【DORAKEN】

 

聞いたことありますか?   僕は、恥ずかしながらやってました。

 

 やってみての感想は、始めたばかりの人は全っ然稼げない。

 

 

ゲームを始めると、主人公をもちますが、当然はじめは弱いのでレベルアップさせなければなりません。

弱いまま状態で進めると、ただただゲームを してる感じになって、「稼ぎ」になることはまずありません。

 

じゃあどうすれば稼げるようになるのか?  端的に言うと

 

「ジャンジャン課金して、キャラを強くしてから稼ぎに挑もう!」  

 

です。

 

・・・・・・は?

 

 

つまりは、稼げるようになるためにはキャラクターを強くさせる必要があるんですよ。

そうすれば稼ぎやすくなるみたいです。

これがこのゲームのシステムと言ってもいいでしょう。

 

課金がイヤなら、ただひたすら地道に進めていくしかありません。

当然、稼ぎなんて当分先の話です。

 

 

話切り替わりますが、 ほかに、懸賞でやっていたものは

 

クイズショウです。

 

コレ、挑戦しましたが 僕は恥ずかしながら最高で3問クリアで後は落選でした。

当然賞金はゼロ。

賞金は、ラストの問題に近づいた人に賞金が山分けになり、獲得できます。

もちろん最後まで正解した人が多く賞金を得られます。

 

僕は何度か挑戦しましたが、いつも同じ結果だったし、

しかも不正解になると、イラつくんでやる気なくしました。

それ以来やってません。  

 

ムカつくんで!   チッ

 

 

 

こんな感じで、ポイント制から懸賞アプリをやっていました。

 

振り返ってみると、結構いろんなのやってたんだなあと思います。

まあ、どれも長続きしなかったんだけどさあ・・・・・・。

 

 

 

 

はい、大分話が長くなったようなので今回これで切り上げます。

 

 

                             次回に続く!

 

 

 

 

ニートが仕事ぉ? <在宅ワーク>をしていたときの話 《破・ファイル1》

 

 

 【前回のあらすじ】

 軽く無駄に世間話をすることにより、文字数稼ぎを謀るHAMARU氏。

半年間ニートをしていた際に、実は仕事をしたことがあると明かす。その内容は、3月4月のとき、自宅で好きな時間に仕事をすることが出来る<在宅ワーク>というものの中から「クラウドワークス」に拠点を置き、受注されている仕事から、自分の都合に合う仕事を探していたとのこと。

うまくやりたいと思う仕事が見つかり、応募までは順調に進めていたのだが・・・。

 

 

 

こんにちは 「HAMARU」 といいます。

 

ブログをはじめて日が浅いです。よろしくお願いします。

 

前回は、「クラウドワークス」で仕事を応募し始めたとこまで話しました。

 

www.hamaru80.com

 

その続きになります。

 

 

<在宅ワーク>といっても応募した後、返事が来るまでバイトと同じくらいの要領できますね。

 

僕は仕事を探してたときは、「いいな」と思ったときは一度ページを保存しておき、ほかには何かないかをいろいろ見てました。

保存しておいた、仕事の内容や応募条件、どんな人に仕事させたいかなど注意事項を確認し「これはできるな」「これは無理だな」を検討した後に応募してました。それも複数。

 

仕事探してるときはワクワク感があったんですよねえ~。

 

 

で、気になる返事はというと、  きませんでした。

 

それもそうだと思います。

そんな甘くないとわかっていたので、こんなものだろうと思っていました。

 

 

しかし、このときの僕は完全に浅はかな考えでした。

 

そもそも<在宅ワーク>と聞けば、誰でもできる、簡単な作業というイメージでありましたし、そんなメンドくさいものじゃないと思っていました。

 

それは、違います。ちゃんと高度な仕事もあります。

 

 「クラウドワークス」の仕事について説明しますと、仕事の振り分けは

「プロ向け」「経験不問」「コンペ」「タスク」に分けられます。

 

自分は、主に「コンペ」の仕事を見ていて、ときに「プロ向け」の仕事も見ていました。

ですが、クラウドワークスのことを後から調べて知ったことなのですが、

クラウドワークス自体、初心者や実績がない人は、まず「経験不問」から仕事をこなして、実績を積まなければならないのです。

 

なぜかというと、クラウドワークスをしている人は、職を持っている人や元会社勤めをしていた人、主婦などが多く、副業と考えて家でできる仕事をしているのです。

その人たちは、当然経験、スキルを持っていて、

仕事を受注している人自体、会社の人間なので、採用する場合はまずその人に仕事を任せたいと考えるはずです。

ですから、「プロ向け」の仕事に至っては、実績がない人はまず採用されません。

 

「経験不問」から少ない報酬でも地道にこなして、実績を積めば仕事を任せられるようになるのです。(会社側から仕事をもらえられたりする)

 

 

 

それを、知らなかった僕は実績がないので当然採用されません。

 

それからは、「経験不問」から仕事を見つけようと考えました。

「経験不問」からは「記事作成」の仕事が特に多いです。僕は「記事作成」とか「コピーライター」とかはチンプンカンプンだったので、それらの仕事は避けていました。

 

いろいろ探したのち、ふと何を思ったのか報酬金がやたらに高いものがあって、とりあえずやってみようと思い、応募してしまいました。

その仕事の内容は特に書かれておらず、ただ、初心者でもできるよ と記載されていたのです。

 

応募した後すぐ採用され、実際何の仕事をやるのか? 届けられた資料を見てみたところ、

 

 

「え・・・ こんなのなの・・・・・・・・・(ショック)」

 

と、感じました。(こちらの都合上、詳しいことは話せません)

 

 

<在宅ワーク>の中で、怪しい仕事もチラチラあるみたいなのです。

もしかしたらそれに当たっちまったのかと思い、(確かに報酬金がやたらに高い)契約まではしていなくても、その仕事に関しては今では一寸も手を付けていません。

 

仕事していません。やる気でないし、やる気もなかった。

 

この話はなかったことで🎵  と勝手に処理しました。

  

 頭の中で。

 

 

 

そんな感じに結局、何も仕事がないまま日々が過ぎていきました。

 

クラウドワークスに関してもだんだんやる気がなくなっていき、このままじゃマズいと思って、他に稼ぎになるものはないかとネットで色々調べました。

 

そこで見つけたものの数々は、まあ、稼ぎたいと思っている人にとっては、ろくなもんじゃないヤツばかりでした。 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・・・次回に続く

 

 

 

ニートが仕事ぉ? <在宅ワーク>をしていたときの話 《序》

こんにちは 「HAMARU」 といいます。

 

ブログをはじめて1週間が経ちました。(厳密には過ぎた)

 

9月に入って、一気に涼しくなりましたね。

僕の住んでいるとこでは、少し前に天気が崩れたこともあって、夜中は長そで長ズボンじゃないと寒いほどになっています。

気温かわりすぎ・・・。

 

あれだけ猛暑日の連続だった8月はもう過ぎ、

学生さんにとっては8月の終わりは「宿題戦争」だと相場が決まっていた8月が、

もう9月の半ばになっているんですよ!?  ええ~

 

・・・なんか一気に時の流れが早くなった気がします。(自分の中では)

 

 

 

世間話はこれくらいにして、本題に入ろうと思います。

 

 

僕は半年間、ニートで過ごしました。

ですが、その間に少し仕事をしたんですよね。(衝撃の事実)

 

  「じゃあ半年間に、何をしていたの?」

 

と思うでしょ?  順を追って話そうと思います。

 

 

 まず、3月。漫画専門学校卒業と同時にニートが始まりました。

 

そのときは、今までやりたくてもできなかった、ゲームをやり始めました。(前からやりたいと思っていたものを)

そりゃあ楽しくって、1日中ゲームしてたんですよ!  ヤッホ~イ

 

そんな日を過ごして、3月の終わりころに仕事のことを考え始めました。

実家にいるので、家の者から

「4月に入ったら、ちゃんと仕事始められるんだろうねえ?」 と念を押され、

仕事、主に絵の関係になるものがないか探し始めました。

 

本当は、在学中にも少し探していたんです。でも、コレいいな と思っていたものが自分の条件に合わず辞めました。

仕事があっても、自分の条件に合うものを目安に探していたので、4月を過ぎても探していました。

その時は絵の練習も同時にしてました。

 

 

自分の目安としては、在宅でできるもの「在宅ワーク」を考えていました。

 

なぜ、バイトはしないのか? というと

そのときは、1日の大半を仕事にとられるのが嫌だったし、絵の練習を中心にしたかったので。 

それに、人と会うのが嫌だったし、家の中に引きこもっていたかったのです!(こっちが本命かも・・・)

 

仮にもバイトをしてたら、それはもうニートじゃねーよ!

 

 

話それましたが、「在宅ワーク」を話しましたよね。

 

「在宅ワーク」であれば、自宅にいられるので、絵の練習を中心にできるし、収入も入る。スキルアップにもちょうどいいと考え、バイトではなくこの選択をしました。

 

在宅ワークときたら、有名なのが 「クラウドワークス」 です。

実は、「クラウドワークス」については3月のときから知っていて、すでに加入してたんですよ。

 

参加はしていましたが、発注している仕事から自分に合う仕事を探し続ける日々を送っていたんです。

 当然、その中にはイラストや絵に関する仕事を見ていました。

 

探している間に、「あ、コレは良さそうだ!」 というものをいくつか見つけ、検討したのち、その仕事に募集しました。

 

それからは、返事が来るまで待つばかりです。

 

 

 

ですが、そのときの自分は

    クラウドワークス<在宅ワーク>のことをよくわかっていなかったのです。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・次回に続く

 

 

ニート半年の奴の暮らしと心境

こんにちは 「HAMARU」 といいます。

 

ブログをはじめて日が浅いです。よろしくお願いします。

 

いきなりですが、僕は、ニートです。 専門卒からね。

半年前からニートなのですが、それが今も健全。

 

半年って結構長くないですか?

しかも専門学校卒業してから、何も就職活動してません。

バイトもしてません。

他の人は、何日かバイトはしてても、自分のこと「ニート」って呼ぶ人いますが、僕はバイトすらしてないかならね・・・・・・(汗)。

 

じゃあ、学校を卒業してから何をしてたの? どう過ごしてたいたワケ?

 

と皆さん気になるかと思ったので、今回それを暴露しようと思いまーす。(泣)

 

 

 

 まあ、月ごとにザックリとまとめるなら、こんな感じになります。

 

 

3月  漫画専門学校卒業。

     そのあと、ゲームに没頭。

     絵の練習をする。

 

4月  ネットから仕事になるものはないか、及び稼ぎになる情報をガチに探す。

     絵の練習をする。

     相変わらず、ゲームにハマる。

     朝は寝てて、昼に起きるようになる。

 

5月  仕事を探し気が失せる。が、また探す。

     ゲームをするのは必須。

     絵を描くことがめっきり減る。

     YouTubeを見ることが増える。

     朝だけでなく、昼にも寝ることがあった。(昼夜逆転)

 

6月  いい感じの仕事を見つける。(継続ではない)

     ゲームをするのは(割愛)

     絵を描かなくなる。

     YouTubeを見ることが(割愛)

     一時期夜に寝て、朝に起きることがあった。

 

7月  仕事の採用がでて、指示されたことをした。

     ゲームを(割愛)

     絵描いてない。

     YouTubeを(割愛)

     また夜起きて、朝は寝るに戻った。

 

8月  仕事をもらえたのにやる気がでなかった。

     ゲーム(万歳)

     絵描いてない。

     YouTube(万歳)

     夜眠れなくて、朝にようやく寝る(昼も)。すこぶる体調悪い。

 

9月  ブログを始める。

(初旬) 絵を少し描き始めた。

     相変わらずのゲームにYouTube。

     相変わらずの昼夜逆転裁判。

 

 

以上、6か月ほどのニート報告でした ( `Д´) ゞ

 

これを見た人は、  「コイツ、まるっきりクズじゃん」

 

と思うかもしれませんが、ちょいと、一つ一つ解説させてくだせえ!

 

まず、冒頭で「バイトはしてない」と言いましたが、仕事をしたなんてどういうことだよっ  って話になるんですが、確かに仕事してました。

ですが、それは別段バイトと呼べるようなものじゃありません。(個人的には)

最初にやった仕事は継続じゃありませんでしたし。

 

そうそのときは、「在宅ワーク」をしていました。

 

※これに関しての詳しい話は、次のブログで話そうと思います。

 

 

次に「絵の練習」の事ですが、この時の自分はまだイラストか漫画で小遣い稼ぎおよび仕事をもらおうと考えていました。

つまりは、絵を描いたことの苦労をお金に結び付けたいと考え、練習をしていたのです。

が、それに見合った画力と知識のレベルがないことにショックを受け、次第に絵を描かなくなっていきました。

やる気も起こらなければ、絵を描くこと自体が楽しくなくて、ツライと思ったんですよね。

それから何日も経ちましたが、最近になって、絵に対しての楽しさが沸いてきました。

趣味としての考えです。(切実)

 

 

他の、ゲームやYouTubeに関しては、隙あらばやってた感じですね。

説明必要なし

 

 

睡眠に関してですが、まあ、引きこもってばかりいるので「昼夜逆転」は当たり前のようなものです。

あと、ベッドの上でパソコンやゲームをいじる様になりました。机があるのにですよ。

毎日常にではありませんが、確実にベッドの上で過ごすことが増えました。

 

まさにニートの極みです!  ヤべえ~(汗)

 

しかも、慢性の運動不足だし・・・・・・。

 

そろそろ、生活の改善をしたいと考えていますが、

まだこれと言って、お金になるようなことをしてないので、それが落ち着いたらって感じですかねえ~。

 

 

えっ、じゃあ働けに出ろよって?

 

 

・・・・・・・・・ニートは替える気ないよ(=゚ω゚)ノ  今のところ・・・。

 

それよりも、

ブログがまだまだこれからだから、今度こそ中途半端に終わる・辞めることがないようにしたいなあ と思っています!

 

ブログ早く充実させてえ~~~~~

 

あと、ゲームもほすィーーー!

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・。

 

ていうか、これって誰得の話なのよ・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

地震の話と台風と雷と・・・・・・

 

こんにちは、「HAMARU」といいます。

 

ブログをはじめて、日が浅いです。よろしくお願いします。

 

こちらでは、最近天気が崩れています。

 

ちょっと地震の話をしたいのですが、最近のニュースでは北海道の方で、

なんと震度7の地震が起こったそうですね。

 

震度7・・・・・・。  また、突然に・・・。

 

日本はどこかしらに度々、巨大地震が起きますよね。

 

 

過去に起きた巨大地震を調べてみると、

 

2011年 東日本大震災

 

2016年 熊本地震

 

2000年から10年の間に11回は巨大地震が起こっています。

 

2000年 年鳥取県西部地震

2001年 年芸予地震

2003年 十勝沖地震、 宮城県北部地震

2004年 新潟県中越地震

2005年 福岡県西方沖地震、 宮城県沖地震

2007年 能登半島地震、 新潟県中越沖地震

2008年 岩手・宮城内陸地震、 十勝沖地震

 

 

僕はこの中で、東日本大震災の経験があります。

とは言っても、実際に震度7を体感したんじゃなく、

震源には離れていても大きめの揺れを体感しました。

 

その時の僕は、中学生で、学校にいました。

地震の放送が鳴ったのは、お昼過ぎで、その時は僕も含め生徒全員教室にいました。先生はまだ教室にはいませんでしたが、地震が起こったとき生徒は机の下で待機してました。

揺れが結構大きく、長い時間揺れてました。 確か震度4です。

その時の記憶が、まだあります。

 

揺れが収まったときには、学校にいる人全員校門の方に避難し、その後生徒は皆自宅待機になりました。

 

東日本大震災のときの経験は、こんな感じです。

 

ほかの土地で災害に見舞われている中、僕が住んでいるところでは、自然災害の被害に遭うことはあまりないです。  幸運にも・・・・・・。

 

 

 

他に話したいことがあるのですが、9月初めに北海道で地震がありました。

その前には、日本で台風や、大洪水の災害がありましたよね。

 

いろんな意味で、今年の夏は悲惨でした。

 

 

 

台風のときの話をすると、お昼時に風が強まってきたんですよね。

そこから、風は強まっていくばかりで、気付いたときには強風になっていました。

僕はそのとき、窓を開けていて、

 

「これは、ヤバイ!」

 

と思って急いで窓を閉めに行きましたが、風があまりにも強くて、

正直ビビッて窓に近寄りがたかったです。(ダサいだろ)

 

それから夕方まで強風だったのですが、夜になると、いつの間には強風は治まっていました。

 

 

台風ときたら、まだ話したいことがあるのですが、台風の日の前。

 

その日は、雷がありました。

そのときは、すごかったです!

夜だったのですが、いきなりピカッと! 

紫色のような光が(確か)激しく光った数秒後、 

 

ドカァンッ!! 

 

 

と爆撃が起こったような、もしくは地雷が爆破したような音が張り響き(振動を感じた)、

体が反射的に ビクッ!! となりました。

あれほど強力な雷を体感したのは、人生で初めてです。

 

その日は、ビビりました。

ビビりましたけど、どっちかというと台風の方が怖かったです。(笑)

 

そんな感じの夏でした。

 

 

 

 

まあ、今回まとめを言うなら・・・・・

 

「日本、災害多いっスね」