ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

「いじめをする側」は「いじめ」を正当化するらしい。

 

タイトルのようにあるのは、まずこれ☟を例に挙げるとわかりやすいと思う。 

 

これを見る限り、

『いじめをする側』は、『いじめをする人間』の気持ちが理解できるんだね。

逆に『いじめられる側』は、『いじめを受けている人間』の気持ちが理解できる。

 

「いじめる側」と「いじめられる側」の思考はそもそも違う

 

いじめられる人間は、『いじめ』がどんなに悪質なのかを知っています。

だから、いじめは絶対的に「悪」だと実感している。

 

しかし、いじめをする人間は、それが悪いことだと分かっていながら「いじめ」をすることが非常に多い。

つまりは、「いじめ」を正しいものだと思い込んでいる。

 

いじめをしている自分が正しいと思っているからこそ、いじめを続ける。

いじめる側の人間はそれに同調しているから、束になっていじめをする。

束になるほどに、自分のしていることの正しさが共感された気になるから、さらに調子づいていくんです。

 

いじめが無くならない理由がここにあると思います。

 

いじめをする人間は、いじめをすること事態楽しんでます。

相手が嫌がったり、やめてほしいと懇願や苦しんでいればいるほど、なおさら面白がって、いじめをやり続ける。

「いじめ」というのが、一種の「娯楽」。

 

第三者がいくら「いじめをやめろ」と言ったところで、やめない。やめるわけない。

そういう悪いことを楽しむ奴らなのだから、「いじめをやめろ」と言っても全く響かない。

 

もう、いじめられる側は『いじめられないようにする』か、『いじめられた場合の対処』を適切にやるしかない。

 

「いじめをする人間」に『いじめの苦しさ』を分からせる復讐の手もいいと思います。

じゃないと奴らは、『自分こそが正しい』と勘違いしたまま生きていくから、迷惑でしかない。

 

 

【ニートYouTuber】『あいぽんの毎日』を観てると悲しくなってくる。

 

『ニートユーチューバー』の”あいぽん”を知っているでしょうか?

まあ、知ってるからこの記事を見に来たんでしょうけど。

 

この”あいぽん”って人は、筆者は最近知りました。

「ニート」繋がりでYouTubeを巡回していると、このチャンネルにたどり着きます。

 

彼は、結構前からYouTubeで動画投稿をしています。

チャンネルページの動画一覧を見ていると、まあわかる通り「ニートしてるなあ…」って。

 

実際に動画観てみても、酷いです。

彼自身の体格もそうだし、話してることや、ニートをしてること。

そして何より、『コメント欄』の在り方や『低評価』の嵐。

 

 

僕は彼の動画をいくつか見ました。

基本的に観たのは「バイトを始めた」と「バイトを辞めた」って内容の動画です。

 

この内容の動画がいくつもあるから、つまりは、『生活のためにバイトを始める→辛くてすぐ辞める』ってことを彼は繰り返してます。

 

そして、「バイトを始めた」の動画に関してのコメントが、「どうせすぐ辞めるだろ」。

「バイトを辞めた」となれば、当然罵詈雑言。

 

彼自身の信用がほぼゼロ。どの動画も低評価まみれ。

彼の言うことは、みんな「悪口」で帰ってくる。

 

 

正直、「哀れ」としか言いようがありません。

彼はまだ20代でいるんですけど、彼の将来のことを考えると、「これからどうしていくんだろうな?」って。

彼の立場を考えたら、ちょっと悲しくなりました。

彼の親ならなおのことです。

 

 

この人のチャンネルは、どんな動画をあげても、何を話しても、みんなから悪く言われる。

その流れが完璧に出来上がってます。

まあ、彼自身でそれを作り上げてしまったのだから、当然と言えますけど…。

 

こんなに自分の敵を作ってしまった彼は、確実に生きにくくなっているし、働くことを続けられないともなれば、彼の今後が暗すぎる。

 

一先ず、生活のために働くことに精を出さなければ、彼自身も親も救われないと思います。

 

 

「学校」というものを耐えて卒業 → 結果「引きこもりニート」 

 

多くの人間が、「学校」というものに通います。

この「学校」という場は、そこで楽しく過ごし、学校生活を上手くやっていく人と、その反対に上手くやっていけない人に分かれます。

 

僕(筆者)は、後者だったんです。

ですが、本当は学校が嫌いでしたけど卒業まで耐えて通い続けました。

 

その結果、今は引きこもりニート。

 

そうなったのは、なぜかというと―――?

「学校での生活」がトラウマになり、それが心に残って自分の自尊心は低下し、対人恐怖症になったからです。

その感情が色濃く出たのは、学校というものを卒業した後でした。

 

よく、つらいことや苦しいことに耐えれば、人は強くなるなんて世の中にはそんなイメージがありますが、それは「ケース」によります。

耐えればいいことと、耐えても無駄に終わる努力があるでしょう。

 

特に、「人間関係」は努力でどうにかできるものじゃありません。

 

成績とか運動能力は、自分自身の問題になるので「努力」で改善ができるでしょう。

しかし、「人間関係」となれば、自分がいくら相手に対し尽くたとしても、それを評価するのは相手次第になります。

自分が相手に興味があっても、相手は自分のこと興味が無いとなったら関係は築けません。

 

この「人間関係」をいかに、上手く良好にできるかが人生ですごく大事なんです。

だから「人間関係」に対して、悩む人が多くいるわけなんです。

 

僕は学校生活で、この「人間関係」に苦しめられたため、自分に自信は持てず、人と会うこと自体億劫になりました。

 

学校を出たら、今度は社会人になります。

この「社会」というものは、学校の時点で上手くやってこれなかった人には、ハードルが高すぎです。

働ける場所なんて、かなり限られるでしょう。人と上手くやっていくことができないんだから。

 

 

正直僕は、学校に通い続けても何も強くなりませんでした。

「嫌なことはやりたくない・挑戦したくない」

そういう精神が染みつきました。

性格は歪んでます。

 

学校での起きたことが、今では記憶がよみがえって、落ち込んだり、ショックだったり、嫉妬心が湧いたり、憎しみが湧いたり、殺意が湧いたり。

そんな感情が沸き上がります。

 

自分の今後に対してよりもはるかに、過去のことを引きずっているんです。

そんな生活を送っています。

 

 

引きこもりの生活を送ってわかったのは、この世は「弱者」に対し、さらに厳しくさせるということ。

 

弱者は見下されるし、人並みの人間扱いをされない。

 

だから、弱者として生まれてきた時点で日陰に追いやられ、多くの人間が欲しいと思う幸せは手に入らないということです。

 

「そんなの努力でどうにかなんだろ。甘えんな」

とか言うかもしれないけど、

じゃあ、その弱者が今まで努力してきたとしたら、それ相応に評価する?

 

しないでしょう。どうでもいいと思うでしょう。

弱者の人生に価値を見出すことなんてないでしょう。

 

 

だから、人や世の中が憎いんです。

生まれてきた際の、家庭環境や容姿で、大体自分の人生がどうなるかは決まっていますから。

これで、はじめから不利な状況で生まれてきたのなら、世の中を憎まずにどうしろと? 

 

 

ブサイク・ブスとして生まれてくると、生活でどんなことがあるかまとめる。

 

当記事の前に、こんなのを書いていました。☟

それに対し、「ブサイク・ブス」として生まれてくるとなにがあるのかを、ここで具体的に書きます。

思い浮かんだものを書けるだけ書くので、「ブサイク・ブス」の人には、ここからは見るのは注意です。

 

 

<学生時代>

 

〇友達ができにくい

〇ぼっちになりやすい

〇こっちが親近感を持って近づいても、避けられる

〇仲間はずれにされる

〇無視される

〇いじめられる確率が高い

〇日々、悪口・陰口を言われる

〇必ず顔のことでいじられる

〇顔のことを言われるから、自分がブサイク(ブス)であることに気づく

〇顔から入って嫌われたり、見下されるのは当たり前

〇出会って間もないのに「あいつ」呼ばわり

〇クラスの嫌われ者

〇スクールカーストで「底辺」なのが確定

〇その場にいるだけなのに、嫌われていく

〇みんなから「顔がヤバい奴」「キモイ奴」と笑い者にされる

〇周りの人と同じことをしてるだけなのに、悪く言われる

〇良いことをしても、悪口言われる

〇悪いことをしようがしまいが、「クズ」や「ゴミ」と思われてる

〇中身を知ろうとされない

〇オタクと決めつけられる

〇嫌なあだ名をつけられる

〇「あいつはどうせ性格悪い」と決められる 

〇「汚い・不潔」「臭い」と決められる

〇服装が「ダサい」と言われる

〇「菌」扱いとして、クラスの奴が自分を触っては「菌鬼ごっこ」を始めたりする

〇自分が触れたモノを、使わないようにと避けられる

〇ブサイクはそこにいるだけで、女共の目の敵にされる

〇ブスは男共から日々笑われ、ネタ扱いにされる

〇授業でしゃべったりすると、教室内で笑いが起こる

〇体育の授業の時でも笑い者

〇ペアになる時は、相手が嫌がる・それかいつも余る

〇席替えした時には、クラスの奴は自分と隣になったことに不機嫌になる

〇班決めでいつも残される

〇一緒のグループで、メンバーからは話に混ぜてもらえない

〇こっちが話しても適当にあしらわれる・それか無視

〇いつも一人で行動する

〇歩いていてすれ違うだけでも、笑われたり、嫌がられたりされる

〇トイレにいて、からまれると逃げられない

〇パシリにされる

〇自分の机などにイタズラをされている

〇物を盗まれる・壊される

〇消しカスとか物を投げられる

〇お金を取られる

〇クラスの奴とメアド交換やSNSで繋がれない

〇スマホで勝手に自分の写真を撮られる

〇その写真を友達に見せて、「こいつヤバいよなwww」と笑われる

〇盗撮された自分の写真・動画をSNSに無断であげられる

〇自分の悪い噂をすぐ広められる

〇自分の失敗したことや不幸な出来事などを、すぐ話題にされる

〇他のクラスの奴からも嫌われ、話題にされる

〇先輩・後輩からも嫌われ、見下される

〇時々先輩が教室に来ては、「あいつはヤベェなwww」と笑いに来ることがある

〇自分に先輩・後輩という関係が作れない

〇部活でもいじめられる・幽霊部員になりやすい

〇先生からも見下される・「あいつはダメだ…」と諦められる

〇ブサイク(ブス)は、勉強を頑張るしかないと理解する

〇成績が良くても、誰からも相手にされない

〇運動ができても見下される

〇特技があっても、「ブサイク(ブス)のくせに」と恨まれる

〇目立つようなことをすれば、「調子に乗ってる」と恨まれる

〇恋人を作れない

〇好きな人ができても、相手は自分のことを嫌っている

〇告白なんてしたら、相手に拒否反応が出る

〇自分が告白したことを、周りに広められる・SNSに書かれる

〇今まで友達として付き合っていた相手は、自分を利用してるだけだった

〇学校に自分の居場所はない

〇学校生活で出会ってきたほとんどの人が「敵」

〇自分の味方ができない

〇学校のどこかで一人でいれば、「気持ち悪い」「怖い」と思われるだけ

〇学校以外のところで会ったりすれば、遠目から「気持ち悪い」「死ね」と悪口を言われる

〇楽しい学校生活なんか送れない・黒歴史になる

〇行事の日なんか早く帰りたいと思うだけ

〇卒業まで通い続けても、自分の立場が何も変わらない

〇卒業アルバムを見ることができない

〇散々自分の悪口を言ってきたくせに、「卑屈になってるのがダメなんだよ」とか言われる

〇こっちが一つでも悪さしたのを、散々いじめや悪さをしてきた奴らが知れば、「やっぱりブサイク(オタク)は、そういうヤツだよな。いつか犯罪者になるんだから、早く死ねよ」と思ってくる

〇こっちが相手に何もしてないのに、みんなから「死ね」と望まれる

〇自分がブサイク(ブス)であることが、最大の悩み

〇顔のせいで自分のことが嫌い

〇イケメン・美人に生まれたかったと嘆く

〇ブサイク(ブス)の辛さを、誰もわかろうなんてしない

〇助けなんか無い

〇いじめられてるのを親に相談できない

〇ブサイク(ブス)として生まされたため、親を怨む

〇好きでブサイク(ブス)で生まれてきたんじゃない

〇ブサイク(ブス)が原因でいじめられていたことを、メディアは明かさない

〇今までの嫌な出来事が、記憶に深く残る

〇恨みを一生抱えることになる

〇他の人への妬みが強い

〇自分が死んだとしても、学校の奴らは誰も悲しまない・むしろ喜ばれる

〇酷いときは、復讐を考えてしまう

〇うつ病になりやすい

〇ニート・引きこもりになりやすい 

〇犯罪者になりやすい

 

『ニート・引きこもり』でいるヤツにありがちなこと。【悩み】

 

ニート・引きこもり経験者、もしくは現在進行形でいる人には、痛いほどわかる。

『ニート・引きこもりでいるヤツにありがちなこと』をいくつか書いていきます。

 あなたはいくつ当てはまりますか?

 

 

〇昼夜逆転

 

〇しゃべらない

 

〇部屋の中で、一人で笑う

 

〇1日のうち、ほとんど寝そべってる

 

〇部屋は散らかったまま・掃除は滅多にしない

 

〇外見・身だしなみに気を使わない

 

〇オシャレができない 

 

〇自分の顔なんか見たくない

 

〇学生でいた時でも、ニートで過ごした後でも、変わらず「ブサイク」

 

〇体格は「デブ」か「ガリ」

 

〇メガネ率が高い

 

〇嫌だと思うことはやりたくない・やる気が起こらない

 

〇体がだるい

 

〇1日1回以上は落ち込む

 

〇1日1回以上、人を恨んだり、嫉妬に苦しむ

  

〇時々、自暴自棄になりそう・または、必死にこらえる

 

〇時々、涙を流す・必死にこらえる

 

〇「不安」が常に憑きまとっていて、呪いをかけられているような状態

 

〇毎日が鬱気味

 

〇「もしも、自分がこんなだったら―――」を妄想する

 

〇気づけば、あれこれ考え事をしている

 

〇「ネット」や「ゲーム」が日常

 

〇現実でないモノ、「二次元」の情報に詳しい

 

〇「二次元」のモノが好きすぎる

 

〇「中二病な自分」を常に装備している

 

〇「ハーレム」を夢見る

 

〇絵の練習とか始めたりする

 

〇ネットで「絵が上手くなる方法」を探る

 

〇酷いときは、「漫画家」とか目指そうと考える

 

〇ネットでは威張れる

 

〇ネットで人のコメントや記事を見ていると、冷静でいられない時がある

 

〇「YouTube」でアンチ活動とかしだしたりする

 

〇ネットでは、批判コメをすることがやたらに多い 

 

〇ネットで炎上になったネタが大好物

 

〇口だけ達者(ネットでは)

 

〇ネットで「モテる方法」を本気で探したりする

 

〇自分が嫌われてしまう理由も、本気で探る

 

〇ネットから、異性とコンタクトをとる

 

〇異性と仲良くなっても、「顔写真」を送った後、関係がエンドる

 

〇そんな自分でも、「いつかモテる・異性と付き合える」ときを期待している

 

〇どっから湧いたのか、謎の自身がある

 

〇他人からの「ポジティブ」な主張がウザい・心が拒絶する

 

〇「ネガティブ」でいることが楽

 

〇ネガティブでいること、現実から離れること(ゲームなど)が、自分の心の支え 

 

〇学生の頃のいい思い出が少ない・もしくは無い

 

〇青春は灰色・『黒歴史』

 

〇携帯にはクラスのメアド・LINEの繋がりなんか無い

 

〇クラスの奴らは、自分が「死んだ」と思い込んでることを予想する

 

〇「リア充・パリピ・陽キャ」が嫌い 

 

〇「陰キャ・ぼっち・底辺」か誰か見つかると、安心感が出る

 

〇リアルで異性との付き合いなんか無い

 

〇異性やイケメン・美人が憎い

 

〇人に会いたくない

 

〇外に出るのに「勇気」が必要

 

〇天気がいいと憂鬱 

 

〇仕事の面接に行こうものなら、不安と緊張感が半端ない

 

〇人と接すると、改めて自分の現実を思い知らされる

 

〇「働いたら負け」と開き直る

 

〇人との新しい思い出を作れないから、過去の嫌な記憶が蘇る

 

〇嫌な記憶がフラッシュバックした時には、居ても立ってもいられなくなる

 

〇心にいくつもの「傷」を持っている

 

〇「クリスマス・バレンタイン」などのイベントの日が憎い

 

〇異性でイチャイチャしてるヤツらを見かけると、「死ね」と思う

 

〇将来性やいくつも選択肢がある奴が悩んでいるのを見ると、許せない気持ちになる

 

〇自分の家の周りで、ワイワイ騒いでるヤツらが来ると、「殺そうか」と殺意が湧く

 

〇親を怨む

 

〇自分がこんなんで生まれてきたことが憎い

 

〇自分が嫌い(顔が)

 

〇将来のこと・自分のことを考えるのが大嫌い

 

〇「この世の中なんて―――」と考え、憎しみが募る

 

〇悲観的・卑屈でいる

 

〇性根が腐ってる

 

〇ネットを見て、自分もやりたいと思うことがあるけど、「どうせ自分には無理だ」 の繰り返し。

 

〇「幸せ」は来ない