引きこもりニートの働きに出たくないコーナー!!!

—ラクに生きてもいいんじゃない?—

『忘れもの』は無くせない!? ―忘れものが多くなった人へ―

 

 

こんにちは 「HAMARU」 といいます。

 

皆さんは忘れものは多いですか? 

会社で必要なものとか学校の教材、課題、今日やるべきことなどで。

 

 

僕は、中高校生から専門学生にあがったとき、

 

忘れものが増えました……。

 

「えっ、アホになったの?」

と思うかもしれませんね。

 

言い訳をするなら、

まあ環境が変わったという面もあります。

今まで自転車通学から電車通学になったので。

準備するものも多くなったし、電車に間に合うように7時半には家を出るようになってました。

 

ですが僕は本来、忘れものには気を付けるタチなんですよ。 勘違いしないで!💦

 

心配性の性格もあるんで、だから忘れものは今まで少なかったんです。

 

それで、通学中に 「あっ、あれ忘れた!」

 

と気づいた時には電車はゴーイングっていうことが何度もありました。

 

 

 

皆さんも、朝に登校、出勤の準備をして、忘れものをするということが多いんじゃないですか?

 

朝ってあんま頭が働かないし、今日一日のことを考えたりするから、すべての情報に手がつかないですよね。(一日が忙しいなら、朝に限ったことではないが)

 

だから、「何かしらの大事な情報が スポンッと抜けてしまって、あとになって気付く」 ってカンジになります。

 

自分も大概そうでした。

 

 

 

電車の時の苦い話をしますと、

登校は問題なかったのですが、帰りの電車の時、

車内で忘れ物したことが2年の間に5,6回はありました。

 

一つは折りたたみ傘、一つは定期券(Suica)

残りは、学校に必要な道具、紙類を持ち運びするために箱型の黒い手持ちケースです。

そのケースは、自分が用意したものじゃなくて学校で支給されたものです。

 

黒ケースは、電車に置き去りにしたことが何度かありました。

電車に乗っている間に黒ケースの存在、スッカリ忘れていたため。

 

しかも、中身をあまり人に見られたくないようなものが入ってるので、

駅員に確認のために見られたりもされただろうから、正直恥ずかしかったです。

クソッ!!

 

黒ケースには、いやな思いが蓄積されていったので、嫌いになりました。

途中から黒ケース使わなくなりましたからね。 フン!

 

とまあ、話それました。

 

 

まとめに入りますと、

 

人の生活の中で、学生であればやるべきことって多いですが、大人になればやらなければならないことがもっと増えますよね。

社会人なり主婦なり。

 

それだけ、自分の中の情報を得たり確認したりしながら過ごしているので、情報がいっぱいになれば処理しきれなくなります。

 

だから「あ、あれ忘れてた」という現象があとを絶たないのです。

 

 

それはいけないことなのか?

 

いや、

それって自然なことだと僕は思うんですよ。

 

 

だって、人の生活に決まった習慣を送ることなんてないじゃないですか。

毎日が何かしら変化しています。

 

もし、毎日が同じサイクルになっていたら、そりゃあ忘れものを無くすことはできるでしょう。

 

毎日が違うからこそ、頭の中の情報がいっぱいになっていく。

 

忘れものをしないよう日々気を付けてる、けど忘れてしまった。

 

忘れものすることは、悪くもあって、でも自然なことです。

 

 

忘れもの防止対策をして、忘れものを減らすことは可能でしょうが、

それをゼロにすることは不可能といってもいいでしょう。