【ツッコミどころ満載!】ポケモン図鑑151匹の説明文を読んでみて。《ファイヤーレッド・リーフグリーン編》FILE. 1〖NO.001 ~ NO.040 「フシギダネ」~「プクリン」〗

スポンサーリンク

 

《気ままに怠惰ブログ》 『YouTuberの動画まとめ記事』のリストはこちらから👈  -HAMARU-

 

こんにちは、HAMARUと言います。

 

 

<目次>

 

 

 

はじめに

 

懐かしくも、ポケモン『ファイヤーレッド・リーフグリーン』から、図鑑に記載されている、初代ポケモンたちの説明文を読んでみました。

まあ、スゴイです……。

 

 

子供のときと大人のときとでは物事の捉え方が違うように、ポケモンの説明文が「マジかよっ!」と思えるとこばっかりだったので(まさにツッコミどころ満載!)、その読んだときの感想を書いていきます。

ポケモンの説明文も書いあるので、それに対してのコメントを書きます。

 

図鑑順に151匹分。全匹コメントしていくので長いです!

ブログを複数に分けて紹介するので、気になる方はぜひ見てみてください。

 

説明文に関しては、『ポケットモンスター ファイヤーレッド・リーフグリーン ポケモン大百科』の攻略本から引用しています。

「ファイヤーレッド」と「リーフグリーン」で説明文が違います。

 

 ※ F = ファイヤーレッド , L = リーフグリーン

 

ツッコミどころ一緒に共感できたらうれしいです。(笑)

それでは、どうぞ。

 

 

 

NO.001 ~ NO.040 「フシギダネ」~「プクリン」

 

NO.001 フシギダネ

 

F:うまれたときから せなかに しょくぶつの タネが あって すこしずつ おおきく そだつ。

 

Ⅼ:うまれたときから せなかに ふしぎな タネが うえてあって からだと ともに そだつという。

 

 生まれた瞬間の姿は、あの胴体だけなんでしょうか?(笑) いつも見ているフシギダネは、背中に葉っぱがある状態ですよね。

 

 

NO.002 フシギソウ

 

F:つぼみが せなかに ついていて ようぶんを きゅうしゅうしていくと おおきな はなが さくという。

 

Ⅼ:せなかの つぼみが おおきく そだってくると 2ほんあしで たつことが できなくなるらしい。

 

 養分を吸収するのはどこから? 胴体……?

「ツボミが育って、2本足で立つことができなくなる」、フシギダネもフシギソウも2本足で立った姿、今まで見たことがないんだが…。

 

 

NO.003 フシギバナ

 

F:はなから うっとりする かおりが ただよい たたかうものの きもちを なだめてしまう。

 

Ⅼ:たいようエネルギーを えいようにして おおきなハナが ひらく。 ひなたに ひきよせられるように いどうする。

 

 フシギバナはあまり好戦的ではないように思うポケモンですね。

オーキド博士からもらえる最初の3匹の中で、一番やさしさがありそうです。もらえるのは、フシギダネからだけど。

 

 

NO.  004 ヒトカゲ

 

F:うまれたときから しっぽに ほのおが ともっている。ほのおが きえたとき その いのちは おわって しまう。

 

Ⅼ:あついものを このむ せいかく。 あめに ぬれると しっぽの さきから けむりが でるという。

 

 ヒトカゲ……。 言っちゃ悪いですが、不憫に思えてしまう生体です…。(泣)

しっぽが燃えているのも、煙が出るようになるのも謎ですよね。

 

 

NO.005 リザード

 

F:シッポを ふりまわして あいてを なぎたおし するどい ツメで ズタズタに ひきさいてしまう。

 

L:もえる シッポを ふりまわすと まわりの おんどが どんどん あがって あいてを くるしめる。

 

 ヒトカゲのときよりも、ずいぶんと好戦的!?

しっぽを振り回して、周りの温度が上がっていったら、バトル中、トレーナーも苦しむんじゃ…。自分のトレーナーも相手も。

 

 

NO.006 リザードン

 

F:ちじょう 1400メートル まで ハネを つかって とぶことができる。 こうねつの ほのおを はく。

 

L:がんせきも やけるような しゃくねつの ほのおを はいて やまかじを おこすことが ある。

 

 強い!?

森や山の中でバトルしていたら、誤って容易に火事になりそうですね。リザードンがバトルする場合、カメックスやほかの水タイプのポケモンが必須。

 

 

NO.007 ゼニガメ

 

F:ながい くびを こうらのなかに ひっこめるとき いきおいよく みずでっぽうを はっしゃする。

 

L:うまれたあと せなかが ふくらんで かたい こうらが できる。 くちから きょうりょくな あわを だす。

 

 背中が膨らんでこうらができる!? 不思議だ。

首を引っ込めるとき、みずでっぽうをしなきゃいけないってことですか。

 

 

NO.008 カメール

 

F:ペットとして にんきが たかい。 また けで おおわれた しっぽは ながいきする シンボルだ。

 

L:しばしば すいちゅうに かくれ えものを ねらう。 はやく およぐとき みみを うごかして バランスをとる。

 

 この毛で覆われたシッポと耳が、可愛らしいってことですね。見た目に気を使った進化でしょうか。

でも、カメックスになると、だいぶ生体が変わりますけどね。

 

 

NO.009 カメックス

 

F:からだが おもたく のしかかって あいてを きぜつさせる。 ピンチの ときは カラに かくれる。

 

L:こうらに ふんしゃこうが あって ロケットのような いきおいで つっこんでくる すごい やつだ。

 

 防御に特化していて、戦闘でも強いですよね。

噴射口が付くようになるなんて、なんかハイテクなこうらです…。まあ、カッコいいけど。

 

 

NO.010 キャタピー

 

F:みどりの ひふに おおわれている。 だっぴして せいちょうすると いとを かけて サナギに かわる。

 

L:あしは みじかいが きゅうばんに なっているので さかでも かべでも くたびれることなく すすんでいく。

 

 一先ず、かわいいです。弱いけど…。

 

 

NO.011 トランセル

 

F:かたい カラに つつまれているが なかみは やわらかいので つよい こうげきには たえられない。

 

L:カラが かたくなるまえに つよい しょうげきを うけると なかみが でてしまうので ちゅうい。

 

 キャタピーはおろか、ほかの虫ポケモンと比べても最弱。

あと、中身が出てしまうとか表現がグロイ…。

 

 

NO.012 バタフリー

 

F:ハネは みずを はじく りんぷんに まもられている。 あめの ひでも そらを とぶことが できる。

 

L:こまかく はやく はばたいたら もうどくの りんぷんが かぜに のって とんでくる。

 

 猛毒の鱗粉が風に乗る、だと!? 危ないじゃないか! せっかく見た目が可愛らしくなったのに…。

 

 

NO.013 ビードル

 

F:もりや くさちに おおく せいそく。 あたまの さきに 5センチぐらいの ちいさく するどい どくばりをもつ。

 

L:もりに おおく ハッパを たべる。 あたまに するどい ハリをもり さされると どくに おかされる。

 

 キャタピーに比べ、毒に特化した虫ポケモンですね。

 

 

NO.014 コクーン

 

F:おとなの からだを つくるための いちじてきな じょうたい。 じぶんでは ほとんど うごけない。

 

L:じぶんでは ほとんど うごけないが あぶないときは かたくなって みを まもっているようだ。

 

 トランセルに比べ、ほんのちょっと強いでしょうね。

 

 

NO.015 スピアー

 

F:しゅうだんで あらわれることもある。 もうスピードで とびまわり おしりの どくばりで さしまくる。

 

L:こうそくで とんでくると りょうてと おしりにある おおきな どくばりを つかって あいてを せめる。

 

 今までの弱さとは打って変わって、強いです! 非常に好戦的ですね。こわやこわや……。

 

 

NO.016 ポッポ

 

F:たたかいは すきではない。 くさむらの なかに かくれて ちいさな むしなどを とらえる。

 

L:もりや はやしに おおく ぶんぷ。 ちじょうでも はげしく はばたいて すなを かけたりする。

 

 とにかく多くいます。

「戦いは好きではない」。けど、意外に騒がしかったりする。アニメのときとか。 

 

 

NO.017 ピジョン

 

F:あしの ツメが はったつしている。 エサのタマタマを つかんで 100キロさきの す まで はこぶ。

 

L:ひろい なわばりを もっており しんにゅうする じゃまものは てっていてきに つつかれてしまう。

 

 エサがタマタマなのかぁ…。自然界の恐ろしさ。

ポッポのときと比べ、戦うことに特化していますね。

 

 

NO.018 ピジョット

 

F:うつくしい ハネを ひろげて あいてを いかくする。 マッハ2で そらを とびまわる。

 

L:エサを さがすとき すいめん すれすれを すべるように とんで コイキングなどを わしづかみにする。

 

 どんな速さで飛んでんだ!? でも、カッコイイ!!

 

 

NO.019 コラッタ

 

F:キバは ながくて するどい。 いっしょう のびつづけるので かたい モノを かじって けずる。

 

L:なんでも かじって こうげき。 ちいさいうえに うごきが すばやく いろんな ところに しゅつぼつする。

 

 まさにネズミ! ずる賢そうです。

トレーナーとして手持ちに入れたのなら、キバの手入れをしなきゃですね。 

 

 

NO.020 ラッタ

 

F:うしろあしの ゆびは 3ぼんで ちいさな みずかきが ついている。 かわを およいで わたる。

 

L:ヒゲで からだの バランスを とっているので もし きられると うごきが のろく なるらしい。

 

 「なみのり」の技は覚えないけど、川を泳ぐことはできるんですか。

身体も大きくなるし、意外と有能なポケモンですよ。

 

 

NO.021 オニスズメ

 

F:いそがしく あちこちを とびまわる。 たいりょくは すくないが オウムがえしを つかうと てごわい。

 

L:くさむらの むしなどを たべる。 はねが みじかいために いつも いそがしく はばたいている。

 

 とにかく騒がしい! 

オニスズメと言ったら、「オウムがえし」が特徴です。

 

 

NO.022 オニドリル

 

F:おおきな つばさで おおぞらを とびつづけることが できる。 1にち おりなくても だいじょうぶ。

 

L:おおきな つばさで おおぞらを とびつづけることが できる。 1かいも おりなくても へいきだ。

 

 オニスズメのときと比べて、体力がつきましたね。鍛えたんでしょうか?

あと、オニドリルと言ったら、「ドリルくちばし」ですね。

 

 

NO.023 アーボ

 

F:くさちなどに おおく せいそくする。 したを チロチロ させて まわりの きけんを かんじとる。

 

L:まったく けはいを かんじさせずに いどうする。 ポッポや オニスズメの たまごを まるのみ してしまう。

 

 怖っ…。

それなりの大きさであるのに、全く気配を感じさせずに移動するなんて、どんな状態にいるんだ?

 

 

NO.024 アーボック

 

F:おなかの もようが こわいかおに みえる。 よわいてきは そのもようを みただけで にげだしてしまう。

 

R:おなかの おそろしい もようは ちいきに よって なんしゅるいか パターンが あるという ウワサだ。

 

 お腹の模様で、すでに技を放っている。(「こわいかお」)

独自の模様で威嚇するのは、動物界でもありますよね。

あれはトレーナーでも怖いのかなぁ? 怖いだろうなぁ…。

 

 

NO.025 ピカチュウ

 

F:ほっぺたの りょうがわに ちいさい でんきぶくろを もつ。 ピンチのときに ほうでんする。

 

L:なんびきかが あつまっていると そこに もうれつな でんきが たまり いなずまが おちることがあるという。

 

 ピカチュウはやっぱり、カワイイですよねぇ。(照)

でも、いっぱい集まっているときは安易に近づけないですね。稲妻が落ちるって言うから。

 

 

NO.026 ライチュウ

 

F:でんげきは 10まんボルトに たっすることもあり ヘタにさわると インドぞうでも きぜつする。

 

L:ながい しっぽが アースになって みを まもるため じぶんじしんは こうでんあつにも しびれないのだ。

 

 常に充電が溢れている状態でしょうか? 

ピカチュウのときとの要領では、接することができないですね。悲しいかな。

 

 

NO.027 サンド

 

F:じめんに あなを ほって すむ。 じぶんに きけんが せまると まるくなって みを まもる。

 

L:みずけの すくない ばしょに ふかい あなを ほって かくれる。 えものを ねらうときは でてくる。

 

 サンドが丸まったときって、ボール状になるのかな?  絶対カワイイよ!

 

 

NO.028 サンドパン

 

F:すばしっこく はしり まわり せなかのハリと するどいツメでの こうげきが とくい。

 

L:せなかを まるめると トゲトゲの ボールみたいだ。 そのまま ころがって ぶつかってきたり にげたりする。

 

 サンドパンも進化の果てで、好戦的になりますね。

サンドの場合まん丸になるのが、サンドパンになって「トゲトゲボール」になってしまうのは、勘弁…。

 

 

NO.029 ニドラン♀

 

F:ちいさくても どくばりの いりょくは きょうれつで ちゅういが ひつよう。 メスのほうが つのが ちいさい。

 

L:からだは ちいさくても どくばりを もつため ちゅういが ひつようだ。 メスのほうが ツノが ちいさい。

 

 体が小さいなりにも、身を守る生体でいますね。毒に特化しすぎです!

 

 

NO.030 ニドリーナ

 

F:メスなので せいかくは おんこう。 くちから だす ちょうおんぱは あいてを まどわす ちからがある。

 

L:メスなので ツノのそだちが おそい。 ひっかいたり かみついたりと にくだんせんを このむ。

 

 メスでもそれなりに戦闘ができますね。ニドリーノとは正反対の性格。

額にはツノがない状態です。

 

 

NO.031 ニドクイン

 

F:かたくて はりのような ウロコが からだを おおっている。 こうふんすると はりが さかだつ。

 

L:かたい うろこで こうげきから みを まもる。 かんろくの ある ボディから おおわざを くりだす。

 

 確かに、貫禄のある姿ですよね。ガルーラに似て、母の姿です。

ウロコが特化して、毒の特性が薄くなったように見えます。

 

 

NO.032 ニドラン♂

 

F:みみが おおきく とおくの おとを きくとき はばたくように うごく。 おこると どくばりを だす。

 

L:みみを たてて きけんを かんじとる。 からだの とげが おおきいほど つよい どくをだす。

 

 とにかく毒。ニドラン♀からニドキングまで「毒」づくし!

ニドラン♂の方は耳が特徴ありです。

 

 

NO.033 ニドリーノ

 

F:おこりやすい せいかく。 はったつした ツノを ふりまわして ダイヤモンドも くしざしに する。

 

L:すぐに おこって たたかおうとする。 しかも あたまの ツノは ささると きょうれつな どくそをだす しくみ。

 

 ツノも強すぎ!? 敵に回しても、手持ちに入れても面倒くさそう。(汗)

和解には聞く耳持たぬか? 耳が大きいのに…。

 

 

NO.034 ニドキング

 

F:いしのように かたい ひふと ながく のびた ツノが とくちょう。 ツノには どくもあるので ちゅうい。

 

L:ふとい しっぽを ふりまわして あいてを しめつける。 そして せぼねを へしおって しまう。

 

危険すぎるっ! ほぼ戦闘のためだけにいるようなポケモンです。

トレーナーも育てるときはどうしたらいいんだろう? 素直に言うこと聞くことがあるのかなあ?(バトルのとき以外で。)

わりと、メンバーに向かい入れたら、「亭主関白」気質でいたりして。(笑)

 

 

NO.035 ピッピ

 

F:あいくるしい すがたから ペットように にんきが ある。 ただし なかなか みつけられない。

 

L:ふしぎで かわいいので おおくの ファンがいる。 ただし せいそくちが かぎられ みつけるのが たいへん。

 

 確かにピッピは、なかなか出てこないです!

ピッピと言えば、「ゆびをふる」の技です。

 

 

NO.036 ピクシー

 

F:みみが よくて 1キロ はなれた ところで おとした はりのおとを みごとに ききわけられる。

 

Ⅼ:ようせいの なかまで めったに ひとまえに でてこない。 けはいを かんじて すぐ にげてしまうようだ。

 

 そこまで耳がいいと日々大変じゃないですか? 人間が出す嫌な音まで絶えず聞こえてしまうのでは…。

嫌なこと書いてスミマセン。

 

 

NO.037 ロコン

 

F:こどもだが 6ほんの しっぽが うつくしい。 せいちょうすると さらに しっぽが ふえる。

 

Ⅼ:うまれたとき しっぽは まっしろで 1ぽんしかない。 そだつと やがて さきが わかれて しっぽが ふえる。

 

 ロコンもカワイイなあ〜。って、生まれたときはしっぽが真っ白!?  何故……?

しっぽが増えていくのも不思議ですね。

 

 

NO.038 キュウコン

 

F:おうごんに かがやく たいもうと 9ほんの ながい しっぽを もつ。 1000ねんは いきると いわれる。

 

Ⅼ:あたまがよくて しゅうねんぶかい。 ふざけて しっぽを つかむと 1000ねん たたられるという。

 

 まさに「妖怪」とも言えるようなポケモンですよね。

あのロコンから、神々しい存在になってしまうのかぁ。体毛の色も変わるし。

でも、キュウコンもカワイイよお~!!

 

 

NO.039 プリン

 

F:まるくて おおきい ひとみで さそいこみ ここちよい うたを うたい あいてを ねむらせる。

 

Ⅼ:つぶらな ひとみが ゆれるとき ねむたくなるような ふしぎで きもちのいい うたを うたう。

 

 歌を歌って眠らせてくると言えば、プリン! アニメでもこれが定番です。

 

 

NO.040 プクリン

 

F:キメ こまかく しなやかな たいもうは うっとりするほど。 けがわは こうきゅうひんだ。

 

Ⅼ:ボディーに だんりょくせいが あり おこらせると いきを すいこんで どんどん おおきく ふくらむ。

 

 プクリン自身、結構大きさあるがあるから、膨らむとどれくらいになるんだろう?

 ん? 「毛皮は高級品」って、もしかして売られてたりする…?

…………。

 

 

 

次のポケモンへ

 

NO.041 ~ NO.080 「ズバット」~「ヤドラン」

 

NO.081 ~ NO.119 「コイル」~「アズマオウ」

 

NO.120 ~ NO.151 「ヒトデマン」~「ミュウ」