ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

『ファイヤーレッド・リーフグリーン編』のポケモン図鑑の説明文で、特にツッコミどころがあるポケモン30体!

スポンサーリンク

 

こんにちは、HAMARUといいます。

 

 

151匹分図鑑の説明文を書いたんですが――、

151匹分だと長い!! と感じる人が多いかもしれませんね。(^▽^;)

www.hamaru80.com

 

 

そんな人のために、

『ファイヤーレッド・リーフグリーン』のポケモン説明文で、「特にヒドイ…」 と感じたポケモンを30体、チョイスしました。

 

手っ取り早くポケモンの説明文が読みたい人は、こちらの記事をよろしくお願いします!

それではどうぞ。

 

 ※ F = ファイヤーレッド , L = リーフグリーン

 

 

〇 ポケモン30体の説明文 & コメント 〇

 

1.NO.006 リザードン

 

F:ちじょう 1400メートル まで ハネを つかって とぶことができる。 こうねつの ほのおを はく。

 

L:がんせきも やけるような しゃくねつの ほのおを はいて やまかじを おこすことが ある。

 

 強い!?

森や山の中でバトルしていたら、誤って容易に火事になりそうですね。リザードンがバトルする場合、カメックスやほかの水タイプのポケモンが必須。

 

 

 

2.NO.011 トランセル

 

F:かたい カラに つつまれているが なかみは やわらかいので つよい こうげきには たえられない。

 

L:カラが かたくなるまえに つよい しょうげきを うけると なかみが でてしまうので ちゅうい。

 

 キャタピーはおろか、ほかの虫ポケモンと比べても最弱。

あと、中身が出てしまうとか表現がグロイ…。

 

 

 

3.NO.033 ニドリーノ

 

F:おこりやすい せいかく。 はったつした ツノを ふりまわして ダイヤモンドも くしざしに する。

 

L:すぐに おこって たたかおうとする。 しかも あたまの ツノは ささると きょうれつな どくそをだす しくみ。

 

 ツノも強すぎ!? 敵に回しても、手持ちに入れても面倒くさそう。(汗)

和解には聞く耳持たぬか? 耳が大きいのに…。

 

 

 

4.NO.038 キュウコン

 

F:おうごんに かがやく たいもうと 9ほんの ながい しっぽを もつ。 1000ねんは いきると いわれる。

 

Ⅼ:あたまがよくて しゅうねんぶかい。 ふざけて しっぽを つかむと 1000ねん たたられるという。

 

 まさに「妖怪」とも言えるようなポケモンですよね。

あのロコンから、神々しい存在になってしまうのかぁ。体毛の色も変わるし。

でも、キュウコンもカワイイよお~!!

 

あと、1000年祟られるは、アバウト過ぎん…。

 

 

 

5.NO.042 ゴルバット

 

F:するどいキバで かみついて いちどに 300シーシーの ちを すいとってしまう。

 

L:かみついたら さいご。 しぬほど ちを すいまくるので おもたくなって じぶんで とべなくなることもある。

 

 吸血鬼か!? ポケモンの中でも恐ろしいわ!

 

仮説の話をしますと、10歳の子供の血液量を2.4Lとします。その30%(720ml)以上出血した場合、出血〇します。

つまり単純計算をする場合、ゴルバットが一度に300cc(ml)の血を子供に吸うとなると、子供はゴルバット2.4匹以上に吸われた場合、〇〇。―――ということになります。

 

……現実的な話をしてごめんなさい…。

 

 

 

6.NO.044 クサイハナ

 

F:めしべが はなつ とてつもなく くさい においは 2キロさきまで とどき きを うしなわせる。

 

Ⅼ:すこしずつ しみだしてくるのは よだれではない。 みつのようなしるで えものを おびきよせているのだ。

 

 バトルをしてなくても、厄介ですね。(汗)

臭くもあるのに、蜜でおびき寄せるなんて…。地獄だ。

 

 

 

7.NO.047 パラセクト

 

F:キノコの カサから どくほうしを まきちらす。 しかし ちょうごくでは このほうしを かんぽうやくに する。

 

L:ムシの からだより おおきくなった キノコの いしで かつどうする。 しめった ばしょを このむという。

 

 キノコの意思で動いている。    …………。

ポケモン都市伝説でよく語られる例の件です。虫の方の目が、白目になっている理由は―――。   ブルブルッ(震)

 

 

 

8.NO.057 オコリザル

 

F:いつも もうれつに おこっており にげても にげても どこまでも おいかけてくる。

 

L:なぜか もうれつに おこって にげても にげても どこまでも おいかけてくる せいかくだ。

 

 マンキーの強化版。

もはや、命がけの「鬼ごっこ」を強いられてるようなもんじゃないかっ!?

 

 

 

9.NO.064 ユンゲラー

 

F:あるあさのこと。ちょうのうりょく しょうねんが ベッドから めがさめると ユンゲラーに へんしん していた。

 

L:からだから とくべつな アルファはが でていて そばに ちかよるだけで あたまが いたくなってくる。

 

 こ、怖い……。 

それは、あのポケモン世界で言われる「都市伝説」ってことでしょうか? 

その話が本当だとしたら、ユンゲラーのなかに、元が人間だった者も…。

 

 

 

10.NO.068 カイリキー

 

F:はったつした 4ほんの うでは 2びょうかんに 1000ぱつの パンチを くりだすことができる。

 

L:スーパー パワフルな パンチを くらった ものは ちへいせんまで ふっとんで いってしまうという。

 

 もはや、ギャグの設定。

ここまでくれば、今までの格闘ポケモンの中で、最強なんじゃないですか?

見た目はアレだけどさぁ…。

 

 

 

11.NO.071 ウツボット

 

F:ミツの ような かおりで くちの なかに さそいこまれたら さいご。 ようかいえきで とかされてしまう。

 

L:ジャングルの おくちに ウツボット ばかり いる ちたいが あって いったら 2どと かえってこれない。

 

 お、おそろしい…。こんな危険なポケモンだったんですね。(汗)

マダツボミからこんな進化を遂げるなんて予想できただろうか…。

 

 

 

12.NO.074 イシツブテ

 

F:まるくて もちやすいので つかんで あいてに なげて ぶつける イシツブテ がっせんが できる。

 

L:そうげんや やまに せいそくする。 いしころに にていて きがつかずに ふんだり つまずいたり してしまう。

 

 イシツブテ合戦!? なんかイシツブテ、かわいそうだなあ…。 ていうか、イシツブテぶつけられたら、怪我じゃ済まないだろう!! 危険な遊びだ…!

しかも石だと思われて踏まれたり…。 イシツブテ、踏んだり蹴ったり……。(哀)

 

 

 

13.NO.077 ポニータ

 

F:からだが かるく あしの ちからが ものすごい。 1かいの ジャンプで とうきょうタワーも とびこえる。

 

L:あしの ヒヅメは ダイヤモンドの 10ばい かたい。 どんな ものでも ペシャンコに ふみつぶしてしまう。

 

 どんだけ高く跳べるの!?

跳ぶときとか、走り込みとかの力で、地面が割れてしまうんじゃ…。

 

 

 

14.NO.088 ベトベター

 

F:つきからの エックスせんをあびた ヘドロが ベトベターにへんかした。 きたないモノが だいこうぶつ。

 

Ⅼ:きたない ばしょに あらわれる。 こうじょうが ながす ヘドロ はいえきを のんで いきている。

 

 とにかく汚い!! 育てていくのは、命がけだああー!

清潔でいれば、ベトベターもベトベトンも寄ってはこないんですよね! ねっ!?

 

 

 

15.NO.089 ベトベトン

 

F:ふだんは じめんに まざっていて わからない。 からだに さわると もうどくに おかされる。

 

Ⅼ:きたない ヘドロが ぜんしんに まとわりつく。 あしあとに さわっただけで どくに おかされる。

 

 危険すぎるっ!? 地面に混ざっていてわからないって、ベトベトン自身が罠そのものみたいじゃないか! 

人間にとっては、「地雷」と同じだよっ!! 

 

 

 

16.NO.092 ゴース

 

F:うすい ガスじょうの せいめいたい。 ガスに つつまれると インドぞうも 2びょうで たおれる。

 

Ⅼ:すがたが ほとんど みえない。 しらない あいだに ガスに おかされて きを うしなう。

 

 そのガスの成分って、なに? 

ゴースは生気を吸い取っているわけではないみたいですが、なにがしたいポケモンなんでしょう?

謎のポケモン多いよ。

 

 

 

17.NO.094 ゲンガー

 

F:やまで そうなんしたとき いのちをうばいに くらやみから あらわれることが あるという。

 

Ⅼ:まんげつのよる かげが かってに うごきだして わらうのは ゲンガーの しわざに ちがいない。

 

 もう、呪いのポケモンだよ…。 本人はイタズラ意識があるのだろうけど。(見た目はカワイイけどさぁ。)

どこに生息しているんだか。生息地は決まっていたっけ…? 

 

 

 

18.NO.097 スリーパー

 

F:ふりこのようなものを もちあるく。 こどもに さいみんじゅつを かけて どこかへ つれさるじけんが あった。

 

Ⅼ:あいてと めが あったときに さいみんじゅつなど かずかずの ちょうのうりょくを つかうという。

 

 スリーパーに進化して、バクの姿じゃなく、人型になっていますよね。なんか野生で出現するようには見えませんよ。今でも夢を食べるのか?

それより、子供を連れ去った事件があったって…、怖いよ…。

 

 

 

19.NO.100 ビリリダマ

 

F:しょうたい ふめいの いきもの。 いやなおとを だしたり とつぜん じばくする ことも あるという。

 

Ⅼ:はつでんしょなどに あらわれる。 モンスターボールと まちがえて さわって しびれるひとが おおい。

 

 正体不明もいいところ。迷惑極まりないよ…。(汗)

危険物ポケモンに認証されるでしょう!? ビリリダマおよびマルマイン!

 

 

 

20.NO.101 マルマイン

 

F:すこしの しげきに はんのうして ばくはつする。 バクダンボールという あだなで こわがられて いる。

 

Ⅼ:ぼうだいな エレクトン エネルギーを ためこんでおり ちょっとした しげきで だいばくはつを おこす。

 

 ビリリダマから、すでにツッコミが疲れるよ、マルマイン…。 

 

 

 

21.NO.109 ドガース

 

F:うすい バルーンじょうの からだに もうどくの ガスが つまっている。 ちかくにくると くさい。

 

Ⅼ:たいないに いろいろな どくガスが たまっているため ときどき だいばくはつを おこすことも。

 

 ガス爆発。

この世代、危険なポケモン多すぎ!

 

 

 

22.NO.111 サイホーン

 

F:あたまは わるいが ちからが つよく こうそうビルも たいあたりで コナゴナに ふんさいする。

 

Ⅼ:ほねが じょうぶで にんげんの 1000ばい かたい。 たいあたりで おおがたトレーラーも ふっとぶ。

 

 コイツが暴れたときは、建物がいくつあっても足りないよ!

元がこの強さなら、トレーナーに育ててもらう必要なくないですか?

 

 

 

23.NO.112 サイドン

 

F:しんかして うしろあし だけで たつようになった。 ツノで つかれると がんせきにも あながあいてしまう。

 

Ⅼ:ぜんしんを よろいのような ひふで まもっている。 2000どの マグマの なかでも いきられる。

 

 うん。

とりあえずサイホーンよりも強くあるんでしょうけど、普段は何をしているポケモンなの? まあ、カッコいいけどさあ。

大体、ポケモン一体一体が強すぎなんですよ!? 手に負えないよ!

 

 

 

24.NO.127 カイロス

 

F:2ほんの ながい ツノは パワフル。 いちど はさまれて しまったら ちぎれるまで はなさない。

 

Ⅼ:ツノに はさんでも ちりぎれない ばあいは はさんだまま ふりまわし なげとばす せんぽうを つかう。

 

 ツノから逃れる方法を教えてください!

むしタイプでいるんですが、むしタイプの技を覚えません。代わりにかくとうタイプの技を結構覚えたりします。

 

 

 

25.NO.130 ギャラドス

 

F:ひじょうに きょうぼうな せいかく。 くちからだす はかいこうせんは すべてのものを やきつくす。

 

Ⅼ:めったに すがたを あらわさないが ひとたび あばれだすと おおきな としが かいめつする ときもある。

 

 コイキングから打って変わって、強強です!

都市が壊滅だとか、すべてを焼き尽くすとか、神の裁きか!? 触らぬ神に祟りなし。

 

 

 

26.NO.139 オムスター

 

F:しょくしゅが てあしの ように はったつ してる。 しがみつくと どうじに かみついて くる。

 

Ⅼ:するどい キバと しょくしゅを もちながら カラが おおきすぎて エサを とれず ぜつめつしたらしい。

 

 オムナイトから厳つくなりましたね。(汗)

「殻が大きすぎてエサを取れず絶滅した」……。 なんのための進化?

 

 

 

27.NO.141 カブトプス

 

F:すいちゅうを じゆうに およぎ するどい カマで えものを とらえ たいえきを すいとってしまう。

 

Ⅼ:やせてるので およぐのが はやい。 えものを カマで きりさき たいえきを のこらず すいだす。

 

 あの容姿で水の中を自在に泳ぐのは、おそろしい…。 でも、わりとカッコイイよ、カブトプス!

あと、獲物の食し方がエグい…。

 

 

 

28.NO.143 カビゴン

 

F:1にちに たべものを 400キロ たべないと きが すまない。 たべおわると ねむってしまう。

 

Ⅼ:ぐうたらで たべては ねるだけ。 だから どんどん ふとっていき ますます なまけてしまうらしい。

 

 お前はどういうポケモンなんだ!! 年中メタボでいるんか!?

野生でいるとき、人間にとっては迷惑極まりない。(汗)

でも戦うときは、強し!

 

 

 

29.NO.149 カイリュー

 

F:おおきな たいかくで そらを とぶ。 ちきゅうを やく16じかんで 1しゅう してしまう。

 

Ⅼ:すがたを みたひとは すくないが じつざいする うみのけしん。 ちのうも にんげんに ひってき するらしい。

 

 ハクリューから一気に、見た目が変わります。

 

地球の円周が40,075km。マッハ2の戦闘機が地球一周した場合、約20時間(自然律を無視した場合と、戦闘機が飛び続けた場合の考え)。カイリューが16時間で地球一周となると、マッハ2.5~3の速度で飛んでいることになります。

実在する海の化身。

まあ言えることは、設定が「ブッ飛んでる」、てことですね。

 

 

 

30.NO.150 ミュウツー

 

F:けんきゅうの ために いでんしを どんどん くみかえていった けっか きょうぼうな ポケモンに なった。

 

Ⅼ:ひとりの かがくしゃが なんねんも おそろしい いでんし けんきゅうを つづけた けっか たんじょうした。

 

 この世代の醍醐味と言えるポケモンですよね。

 

このゲームの設定では――、

ミュウがミュウツーを産み、そのミュウツーを使って遺伝子の研究を続けたことになるかと…?

その遺伝子の研究をしていたのも、ミュウツーを手持ちに入れていたのも、おそらく、フジ博士……。グレンじま「ポケモンやしき」の日記に記されている記録からしても。

フジ博士はそのミューツーのことから、グレンじまから行方不明になる。

で、そのフジ博士と知り合いであるカツラは何をしていたんだろう。 研究に関わっていなかったのかなあ?

 

もう、アニメと漫画との設定の違いで、頭がごっちゃになるんですけど…。

 

それからミュウツーは、「ハナダのどうくつ」にいますけど、あの洞窟自体なんなんだ…?

 

 

 

以上、ポケモン30体の説明文でした!('◇')ゞ