ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

オリジナルストーリー書いてみた。『マザーズ・ハウス』

スポンサーリンク

 

こんにちは、「HAMARU」です。

 

僕が作ったこの話、「マザーズ・ハウス (Mother's House)」は、

PCゲーム「Among the Sleep(アマング・ザ・スリープ)」に影響されて作りました。

 

「Among the Sleep(アマング・ザ・スリープ)」とは、2歳児の男の子が、意思を持ったくまのぬいぐるみの「テディ」と一緒に、母親を探しに行くホラーゲームです。

 

 ☟ゲーム実況者「ポッキー」さんのプレイ動画を張っておきますね。

www.youtube.com

 

 

これから自分が書いた、オリジナルストーリーを紹介します。

面白いと思っていただけたら、SNSで拡散よろしくお願いします!

 

それでは、本編に行きます。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

『マザーズ・ハウス』

 

  
<登場人物> 

 

主人公:しおり / 15歳  弟:春貴(はるき)/ 14歳  母:ゆかり

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

15歳の私には、特に不快に思っているのが「2つ」ある。

 

 

1つは、私の母。

 

 

私の家族は4人。

弟の春貴がいる。 父はいるけど、今は単身赴任だ。

 


問題の母。

私は母を好きか嫌いかと言えば、嫌いではない。

一言でいえば母は「頑張り屋」なのだ。

あまり弱音を言わないし、私たちのことをいつも想って頑張る。

もしかしたら無理をしているのかも。

 

 

時々それが重いんだ。

こちらとしては「お節介」とも言える。

いつか、「良くしてきたんだから、いい人でいなさい」という考えを押し付けてくるかもしれない。悪気はなくても。

 

 

そんな疑いが私にはあるから、この頃。母に苦手意識がついて、距離をとっていた。

もし父がこの家にいたら、母と私の在り方は違っていたかもしれない。

 

 

 

そして、もうひとつ。 

私が不快に思っていることは「この家」。

「不快」と言うよりも、「不吉」になるかな。

 

 

私はこの家には、「霊」がいること知っている。

 


この家に来たのは、私が小学生のころ。つまりは引っ越したのだ。

その霊が私の近くにいた時は、毎回「悪寒」を感じていた。 

ちなみに、実際に姿を見たことはない。

 

 

最初の頃は悪寒を感じた時は、風邪をひいたのか、体調が悪いのか? 

その程度にしか考えていなかった。

でも後になって、それが「霊」なんだと信じるようになっていた。

 


この頃、悪寒を感じる症状が強まってる。

なにがきっかけでそうなったのかはわからない。

そんなんでも私の生活に、なにも支障はないから無視し続けてきた。

気にしてたら負けだとも思ってたし。

 

 

弟と母の方は、この家に霊がいることを感じているのかはわからない。

二人は気づいているのか?  

なんか聞くのも嫌だった。

 


そんな日常を送っていた私に、 ついに、ある夜。 

悲劇が起こった。

その夜は、私と母が大喧嘩した日だった。

 


私たち一家に危機が迫った事件だったんだ。

 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

《 『19:20』 ❙ リビング 》

 


私と母はこの時間、リビングで話をしていた。

私は母の話に「またか…」と、呆れた態度で対応していた。

その時は、『進路』についての話をしていた。

 

 

 

私がそんな態度するのも―――、

この頃、母が私に求めている『理想の人物像』 

というか、私に対して期待の眼差しが大きくて、「高校生になったんだから―――」と母が口を開くたびに、そんな内容の話が多くて、正直私はうんざりしていた。

もちろんそれは、弟の春貴にも向いていた。

春貴も『母の期待』にうんざりしているかもしれない。詳しくは知らんけど…。

 


でも、絶対私の方が期待を大きく向けてるから! 年上だから!?

それも腑に落ちなくて腹立つ!

 


母と話そうとすれば、そんな内容の話が出てきそうで、距離を取るようになったし、あっちから話しかけてきた時は、私はそっけない態度をとることが多くなっていた。

それが私たちの日常になったから、家庭内の空気がピリピリしていたと思う。

 


こんな中で、母は私をどう思っていたかはわらない。

 

 

 

今夜も同じように、私は母の話を右から左に受け流していた。

そしたら母は、私の態度に我慢ができなくなったのか、若干ヒステリックに。 強めの口調で話しかけてきた。

私は対抗して、強く言い返した。

 

 

母も熱が入って、この場でいらない文句を言いだしていた。

「そんなだから、アンタは―――!!」  とか…。

 

 

私はキレてしまい、ついに母に対し、自分が溜め込んでいた感情を乱暴に吐き出した。

 


…………

私は言いたいことを言った後、リビングから荒々しく出ていき、自分の部屋に向かった。

向かう途中、母が泣いたかもしれない。そんな声が聞こえた気がした。それとも気のせいか?

 

 

階段を上って2階へ行く。左側の壁にドアが二つ並んであり、奥の方が私の部屋のドア。

部屋に入って、しばらくイライラが収まらなくて、ベッドの上に乱暴に乗り、布団にくるまった。

ポッケからスマホを取り出して、画面を見る。

 


そういえば、リビングを出てここに来るまでに、悪寒を感じたような気がした。

でも、イライラしてた感情が強かったから、気にならなかった。

しばらくスマホをいじっていた。

 

 

 

―――何時だったのか? 

私はいつの間にか、寝落ちしたようだ。

 

 

いつもはこんなに早く寝るわけじゃないのに、 今日はなんだか…、

体がだるかった……。

 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 


私は寝ている間、夢を見ていた。

 

 

夢の内容。 始めはどんな感じだったかは、あまり覚えていない。

最初は家の中にいたと思う。

でも、いつの間にかどこか知らない場所に来ていた。

 


暗い空間。

その奥に光があった。 スポットライトで照らされたような形の光。

その光の中に人影がある。

 


「あれ、お母さん?」

 

 

光の中に近づく。

見ると母はうずくまって、泣いていた。

でも、その姿ははっきりと見えたわけではない。

なんかモヤがかかってるような、ブレているカンジ?

 

 

…………

 


母が泣いている姿を長い間見させられていたと思う。

嫌な夢だ。

 


でも。

母の泣いている姿を見て、

私はだんだん申し訳ない気持ちになっていった。

 


 …………

 あの時。

 私も、悪かったよね…。 

 あんな言い方……。

 


私は迷った。

この夢が覚めたら、母に謝るべきか?

 

 

なんか、 今だと、 ……あまり会いたくない…。

気まずくて……。

 


しばらくの沈黙。

 


その時―――、

自分の後ろに誰かいるような気がした。

後ろを振り向く。

 


そこには、黒い影がいた。

「え…」

その影は、私を包み込むかのように迫ってきた。

そして―――

 


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

この続きは、こちらから☟

www.hamaru80.com