ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

「いじめをする側」は「いじめ」を正当化するらしい。

スポンサーリンク

 

タイトルのようにあるのは、まずこれ☟を例に挙げるとわかりやすいと思う。 

 

これを見る限り、

『いじめをする側』は、『いじめをする人間』の気持ちが理解できるんだね。

逆に『いじめられる側』は、『いじめを受けている人間』の気持ちが理解できる。

 

「いじめる側」と「いじめられる側」の思考はそもそも違う

 

いじめられる人間は、『いじめ』がどんなに悪質なのかを知っています。

だから、いじめは絶対的に「悪」だと実感している。

 

しかし、いじめをする人間は、それが悪いことだと分かっていながら「いじめ」をすることが非常に多い。

つまりは、「いじめ」を正しいものだと思い込んでいる。

 

いじめをしている自分が正しいと思っているからこそ、いじめを続ける。

いじめる側の人間はそれに同調しているから、束になっていじめをする。

束になるほどに、自分のしていることの正しさが共感された気になるから、さらに調子づいていくんです。

 

いじめが無くならない理由がここにあると思います。

 

いじめをする人間は、いじめをすること事態楽しんでます。

相手が嫌がったり、やめてほしいと懇願や苦しんでいればいるほど、なおさら面白がって、いじめをやり続ける。

「いじめ」というのが、一種の「娯楽」。

 

第三者がいくら「いじめをやめろ」と言ったところで、やめない。やめるわけない。

そういう悪いことを楽しむ奴らなのだから、「いじめをやめろ」と言っても全く響かない。

 

もう、いじめられる側は『いじめられないようにする』か、『いじめられた場合の対処』を適切にやるしかない。

 

「いじめをする人間」に『いじめの苦しさ』を分からせる復讐の手もいいと思います。

じゃないと奴らは、『自分こそが正しい』と勘違いしたまま生きていくから、迷惑でしかない。