ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

見た目が悪くて嫌われてた時は、内心キレそうになってた。

スポンサーリンク

 

僕、筆者は見た目が悪いです。

「太ってる」「不潔でいる」とかそういうのじゃないです。

 

当然、見た目が悪かったために嫌われていました。

タイトルにあるように、見た目が悪くて嫌われてる状況にいたので、周りの人間が僕の悪口・陰口を言っていた時は、内心キレたかったです。

 

嫌われ者の僕だって、人間の感情「喜怒哀楽」があります。

だから、悪口を言われてた時はもちろん、悲しかったし、怒りもありました。

今でもふと、怒りが湧き上がることがあります。

心の傷は一生ものなんです。

 

でもそんな中、僕は立ち向かうことはできず、ずっと我慢するだけでした。

なぜそうしたか?

 

だって、外見が悪い者は、立ち向かったって無意味だから。

 

 

世の中は、『イケメン・美人は正義』で、『ブサイク・ブスは悪』である風潮があります。

イケメン・美人は何をしても良くて、ブサイク・ブスがするのは許されないことが多いのです。

 

代表的な例えを言うと、『ブサメンが可愛い子に告白をする』 というもの。

 

僕みたいな外見の悪い人間が、イケメン・美人に対して、

『僕のことそんなふうに言うな! 勝手に決めつけるな! 僕のなにを知っているんだ!!』

と、言ったところで何にもなりません。

 

外見が悪い者は、はじめから外見が良い者には勝ち目なんてないんです。

ブサイク・ブスの人間が、イケメン・美人を罵倒するば、即座に『悪者』になります。

 

逆に、イケメン・美人がブサイク・ブスをいくら罵倒したところで、『悪者』になんかなりません。

イケメン・美人がブサイク・ブスをいじめ続けても、罪に問われることもありません。

 

 

そう世の中は、『不条理』でできています。

 

その『理不尽』『不条理』さから、憎しみが生まれるんです。

僕自身、もうとっくにこの世の中を怨んでます。性格も歪んでます。

相手に何もしてなくても、理不尽に叩かれてきた分、やり場のない怒りが溜まっているんです。

 

人が多くいる場にいると、いつもそんな感じなので、だから僕は人の中で生きていません。

 

人の中にいても、見た目から入って突き放されるし、

孤独でいるほど、人の輪を見た時、憎しみが湧いてきます。

 

正直学生でいた時は、イライラしてしょうがなかったです。

このことから、もう積極的に人の中には行かないと決めました。

 

僕にとって、人の中に行くことにメリットがほぼありません。

このまま社会に働きに行っても、「生活のため、お金を稼ぐためだけに働く」という目的で、生きることになります。

 

そんな生活に幸せはないだろうし、今やっている「動画視聴やゲームをする」ことを省いて、生活のためだけに働きに出るくらいなら、「ニートでいいわ」 

って感情があります。

 

ほら、歪んでるでしょ。