ぼっちの愉快な人生観! と嘆き

ーぼっち・顔面弱者の「気休め」と「娯楽」の場ー

『ドッジボール』とかいう遊びも人の性格出るよな。

スポンサーリンク

 

『ドッジボール』って、学生時代の時やってきた人がほとんどでしょう。

てか、学校というところに行ってれば、ほぼ100%開催されるし。

特に小学校とか、強制的にでもドッジボールをやらされたハズ。

 

そこで本題。 筆者はふと思ったのだ。

今考えてみると、ドッジボールも人の本性・性格が出るよなって。

 

遊びの中での『欲望』

 

特にヤバイのが、男女混合でドッジする際の女子。

あれはヤバイと思う。

男子と一緒になってるわけだから、「男に守ってもらおう」とか「好きな男と一緒にいたい」とか「あいつを盾にしよう」とか「女子力出さないと」とか「自分可愛いから当てないでね」とか。

それが前提で遊びに参入するのが女。

まあ、男も女にいいところ・カッコイイところを見せようって奮起するんだけど。

 

それに、男の方は女子への対応に困る。

日頃から一緒に仲良くしてる女子意外だと、「ボールを当てないようにする」「優しく投げる」などと、男は気遣いをしなければいけない。

そうしないと、後々面倒だから。

そのため、日頃から女子への接点がない男はドッジボールを経て、関係が悪くなる可能性が高い。

「あいつはああいうヤツ」というのを広められる。非常に面倒くさい。

 

表面上はドッジで遊んでいるけど、内心はドロドロしてるところがあると思う。

※3分52秒 「なんでだよっ!」

 

それでも楽しいのがドッジ

 

陰キャはともかく、それ以外の人は大概ドッジボールが好きだし、楽しんでやってるでしょう。

嫌いな奴に攻撃できる快感を含めてな。狙いは「顔面」。